【3DS】ドラクエ11 冒険記10 ロウとマルティナ

スポンサーリンク




 

この記事は3DS版ドラゴンクエスト11を楽しみながら進めていく記事です。

 

 

最初の記事

【3DS】ドラクエ11 冒険記1 始まり~デルカダール

2017.09.22

前回の記事

【3DS】ドラクエ11 冒険記9 虹色の枝を求めて武闘会に

2017.10.19

 

関連記事:ちいさなメダル入手場所一覧

 

 

ネタバレを含みますので何も知りたくないという方はここでそっと閉じてくださいね。

 

 

 

 

ユグノア城跡へ

現在の勇者 レベル28

【現在地】 グロッタ

【現在の目標】

命の大樹へ行き勇者にまつわる伝説の謎を解き明かす

ロウのいるユグノア城跡にいく

 

前回、ロウに賞品の虹色の枝を盗まれ、ユグノア城跡で待つというので向かうことに。

 

 

ユグノア城跡へ到着

 

 

 

シルビアがユグノア王国にについて少し語ってくれた。

ユグノア王国は世界一の歴史を誇っていたが、たったひと晩で魔物に襲われて滅び

ユグノア王や王妃、そして偶然訪れていたデルカダールの王女も魔物に。  

 

 

たった一晩でか。。

たしかグレイグ将軍の故郷 バンデルフォン王国も魔物に一晩で滅ぼされたとかじゃなかったかな。

 

 

 

ロウのところへ オレたちには「虹色の枝」が必要なんだ と返してもらいにいくと

 

 

ロウ「それは勇者であるからかの?

16年前に死んだと思っておったぞ。」

と。

 

 

「爺さん何者だ?」と驚く一同

 

 

ロウは、勇者にどうしても見せておきたいものがあると瓦礫の中にある道を歩いて行く。

「この地はつらい思いでが多くてのう」 と つぶやくロウ。

 

 

 

ロウはユグノアの出身者なのか?

 

 

あのころ、ロウは隠居していて 城下に降りては民と酒を飲み 毎日を過ごしていたが16年前のあの日、魔物がすべてを奪っていったと。

 

 

ロウの話し

 

ロウは歩き出し、その後を付いていくと

ユグノアの国王夫妻のお墓に。

 

 

ロウ「わしの娘とムコ殿の墓じゃよ」

 

 

 

 

 

な、なんと!

 

ということは

ロウは勇者のじいちゃん!

 

 

 

 

ロウ「娘もムコ殿も死に それでもわしだけが生き残ったことには意味があると。 そう思わなければあまりにもつらすぎた」と。

 

 

 

そうだよなぁ辛すぎるよなぁじっちゃん。。

 

 

 

だからロウは、なぜユグノア王国が滅びたのか

その原因を探ることを生きる目的としてるらしい。

 

 

 

 

なるほどなぁ。

 

 

 

そしてロウは各地を回ることで、勇者伝説の信奉者だった盟友デルカダール王の変心を知ったと。

16年前のあの日からデルカダール王は、まるで人が変わった ように勇者を悪魔の子と呼び非難を始めた。

自分の娘の死まで勇者の仕業として世に広めている始末らしい。

 

 

ロウは裏でなにかが起きていると思っていて

ふたつの謎 「亡国の真相」「盟友の変心」

を必ず解き明かすと誓ってる。

 

 

勇者の父と母は アーウィン王とエレノア王妃というらしい。

 

 

ユグノア王家には代々伝えられている「鎮魂の儀式」があるので

エレノアたちを一緒にとむらうために裏山の祭壇に来てくれとのことなので向かうことに。

 

 

ちょっとユグノア王家をまとめてみると

先代ユグノア国王 = ロウ

ロウが隠居

次の国王 = アーウィン(娘ムコ)

王妃 = エレノア(娘)

娘のエレノアは王妃なので女王ではないってことだよね

勇者はこの二人の息子 = 王子(孫)

 

鎮魂の儀式

 

祭壇に着くとマルティナが待っている。

鎮魂の儀式はユグノア王家のふたりでやることに。

 

 

この鎮魂の儀式は魔物によって死んでしまった人の魂を救う儀式のよう。

 

 

 

煙の香気につられて光り輝く蝶たちがやってくる。

 

 

 

この蝶を人の魂と見立て命の大樹へ送る。それをもって死者のなぐさめとなると。

 

 

ロウ「エレノアはただ死んだわけではない。おぬしとデルカダール王女を救うため 自らおとりとなったのじゃ

 

 

 

 

ということはオープニングムービーでおとりになった母親らしき女性が勇者の母親のエレノアかな。

そしてあのお姉ちゃんかと思っていた小さな女の子が、偶然訪れていたデルカダール王女だよね。

そしてシルビアが言ってた感じだと、デルカダール王女は魔物にやられてしまったんだよねたぶん。

 

 

ロウが「エレノアはおぬしに何か遺さなかったかのう?」と聞いてきたので

勇者はロウに母親の手紙を見せる。

ロウは「この手紙があったからこそ おぬしはデルカダール王のもとに・・・。」と

 

 

デルカダール王を頼るように書いているってことは、この手紙を書いてる頃(たぶん城が攻められてる時)は デルカダール王はまだ変心してない、もしくは変心してしまってるけど エレノアはそのことをを知らないってことだよね。

 

手紙の内容はこちらの記事

【3DS】ドラクエ11 冒険記4 再びイシの村へ

2017.10.04

 

 

じっちゃんの頬を涙がつたい 「しばらく一人にしてくれ」

と。

 

マルティナとグレイグ将軍

 

マルティナのもとへ行ってみることに。

マルティナの身の上話を聞く。

 

マルティナの母は病弱でマルティナが生まれてすぐ亡くなっている。

エレノアはそんなマルティナを気遣って絵本を読んだり花摘みに誘ったりと優しかった。

エレノアが子供を授かりマルティナは兄弟ができたような気がしてとても嬉しかった。

 

マルティナ「そう・・・ エレノアさまと最後にお会いした16年前のあの日もこんな雨だった・・・」

 

 

 

ん?

マルティナはデルカダールの姫か?

 

 

 

話をしているとデルカダールの追っ手が近くまで来ていることに気づく。

みんなと合流するために山を登って祭壇に戻ることに。

 

 

隠れて様子を伺うと祭壇にもすでにデルカダール兵が。

 

 

 

 

背後から「あっ・・悪魔の子!」

 

 

見つかってしまった!

 

 

援軍を呼ぶ兵士。

兵士が続々と集まってくる。

 

 

しかしマルティナが蹴散らす!

兵士がグレイグ将軍を呼びにいく。

 

 

そのスキに走って山を下りみんなと合流することに。

 

 

 

 

 

う、後ろから 黒馬が駆けてくる!!

 

 

黒馬が勇者たちを飛び越え目の前に立ちはだかる。

 

 

 

 

 

またしてもでたーーーーっ!

グレイグ将軍!

 

 

 

すぐに兵士たちに囲まれる

 

 

剣を抜くグレイグ将軍

 

 

グレイグ将軍と勇者は一対一で剣を交える。

 

 

マルティナは兵士たちとの戦闘に。

 

 

 

 

 

 

打ち合うも崖ぎわに追い詰められてしまう勇者

 

 

グレイグ将軍強し!

 

 

 

とどめの一撃を入れようとグレイグ将軍が振りかぶる

 

 

 

その時

 

 

 

 

 

 

「やめなさい グレイグ!」

とマルティナが叫ぶ!

 

 

 

やっぱりマルティナはデルカダールの姫かっ!

 

 

 

驚きを隠せないグレイグ将軍

 

 

 

しかしその瞬間

崖際にい追い詰められていた勇者の足場が崩れる

崖下に落ちていく勇者。

 

 

「ダメ!! 絶対に!!」

と叫び 崖を飛び降り 崖の壁を蹴って

勇者をつかむマルティナ

 

「今度は離さない・・」と。

 

 

 

 

 

 

16年前は川の流れに勝てずに赤ちゃんの乗ったカゴを離してしまったよう。

あの時の女の子がマルティナだったんだ。

なるほど。

 

 

 

 

 

 

川に落ちた二人を見てなにかを思うグレイグ将軍。

 

 

 

【冒険記10】はここまで。また次回。

【3DS】ドラクエ11 冒険記11 その名は

2017.10.25

 

今回のまとめ

達成した目標

・ロウのいるユグノア城跡にいく

現在進行中の目標

・残り4つのオーブを集めて始祖の森の祭壇に捧げる

・命の大樹へ行き勇者にまつわる伝説の謎を解き明かす

・ウルノーガを倒す

訪れた町やダンジョン

・ユグノア城跡

覚えた呪文

【勇者】

・レベル28 ザオラル

【ベロニカ】

・レベル27 マホカンタ

スポンサーリンク




この記事のシェアはこちら!