【3DS】ドラクエ11 冒険記19 6つのオーブをもって始祖の森へ

スポンサーリンク




 

この記事は3DS版ドラゴンクエスト11を楽しみながら進めていく記事です。

 

 

最初の記事

【3DS】ドラクエ11 冒険記1 始まり~デルカダール

2017.09.22

前回の記事

【3DS】ドラクエ11 冒険記18 氷の魔女 リーズレット

2017.11.18

 

 

関連記事:ちいさなメダル入手場所一覧

 

 

 

ネタバレを含みますので何も知りたくないという方はここでそっと閉じてくださいね。

 

 

 

 

始祖の森を目指す

現在の勇者 レベル42

【現在地】 クレイモラン

【現在の目標】

6つのオーブを持って始祖の森の祭壇に捧げる

命の大樹へ行き勇者にまつわる伝説の謎を解き明かす

ウルノーガを倒す

 

前回、とうとうオーブを全て手に入れたのでいよいよ命の大樹へ向かうことに!

 

 

氷獄の湖

シケスビア雪原を東へ向かい

途中にある氷獄の湖というところを通ってみると

氷漬けのドラゴンが!

 

 

古代図書館で見つけた「封印された竜」という本に書かれていた黒い巨竜というのはこのドラゴンのことかな。

そのうち戦うことになるのか?強そうですね。

 

 

ゼーランダ山へ

 

ゼーランダ山は宝箱を回収しながら登っていく。

 

【ゼーランダ山の宝箱】

・ちいさなメダル

 

 

聖地ラムダへ

 

ゼーランダ山を登るとベロニカとセーニャの故郷

聖地ラムダへと到着。

 

ここにあったのか。

 

 

 

久しぶりに故郷に戻ってきたベロニカとセーニャ。

 

 

オーブを捧げる祭壇はこの里の先にある始祖の森の山頂にあると。

 

 

里の中心に行くと長老のファナードがいるので話をする。

 

大聖堂の奥から始祖の森へ行けるらしい。

 

 

里の探索をしてみる

【聖地ラムダで集めた情報】

・勇者の手の紋章は命の大樹と勇者をつなぐただ一つの絆といわれてる

・「伝説の建築家という本」から

ラムダにある賢者の石像は勇者の像と2つで対になっている夫婦像らしくて、ユグノア地方にある勇者の像を拝むとふたりの加護が得られるだろうと。

【聖地ラムダでの探索で得たもの】

・ベロニカとセーニャの家の宝箱 「ちいさなメダル」

称号 「デストロイヤー」を獲得

 

 

とあるトレジャーハンターの伝言 第5章

 

これまであまり気にしていなかったけど、旅の途中に調べる本棚でナナシのトレジャーハンターの書いた本がたまにあった。

ここにあった「とあるトレジャーハンターの伝言 第5章」という本が興味深かった。

 

前読んだ本ではあまり覚えてないけど、たしか虹色の枝を探す旅の途中に誰かを助けたとかだったかな。

今回のはその本の続きだ。

 

 

【とあるトレジャーハンターの伝言 第5章】という本より

旅の途中で助けた行き倒れの若者は里の長の息子だった。

長は息子を助けた私と砂漠の国の医師に、お礼の品を2つ用意したので好きな方を選んでくれと言った。

信じられないことにその品は長年探し求めた「虹色の枝」 だった。

もう一つは青く光る小さな石。 「まほうの石」。

もちろん「虹色の枝」を選ぼうとしたが、まだ満たされてない、ずっと旅をしていたいという自分の心に気づき、「まほうの石」をそっとポケットにしまった。

虹色の枝は老医師が生涯の宝とする。

 

 

 

私の名は

 

 

テオ トレジャーハンターだ。

 

 

テオ トレジャーハンターだ。

 

 

テオ トレジャーハンターだ。

 

 

 

 

おおーーーーーっ!!!

 

 

 

まさかのじっちゃん!

テオのじっちゃんのは「虹色の枝」を求めて旅をしてたトレジャーハンターだったのかーーーーーっ!

 

この時に「まほうの石」を手に入れたんだ。

そしてのちにこの石に助けられることになる。

じっちゃんは若い頃は冒険家だったんだな。

 

テオとまほうの石についてはこちら

【3DS】ドラクエ11 冒険記4 再びイシの村へ

2017.10.04

 

 

もっとしっかりトレジャーハンターの本読んでおけばよかったー。泣

 

元々、現在の時代で虹色の枝はサマディー王国にあったので、砂漠の国の老医師がもらったということはサマディー王国を建国した人なのか?

それかサマディー王に虹色の枝を献上したのかかな。

 

 

大聖堂へ

 

大聖堂にはラムダに伝わる神話の一説を描いたきれいな絵がたくさんある。

 

ファナードによると、やはり魔王が現れるので勇者は生まれてくるよう。

 

はじめて勇者が降臨したのはいにしえの時代。

ロトゼタシアのすべての命の源は「命の大樹」。

 

邪悪の神は大樹の中に宿る生命力の根源・・大樹の魂を奪おうとした。

その時代に生まれたのが光の紋章をもつ伝説の勇者ローシュ。

 

 

この賢者セニカの生まれ変わりと言われているのが

ベロニカとセーニャらしい。

 

セニカから名前を2人で分けてるんだ。

 

 

 

扉を通り始祖の森へ。

 

 

始祖の森へ

ゼーランダ山へ

大聖堂の扉を抜けるとぜーランダ山なので下っていく。

 

【大聖堂の先のゼーランダ山の宝箱】

・「ちいさなメダル」

・マジックチャクラム

 

称号 「シルバーメダリスト」を獲得

 

始祖の森へ

ゼーランダ山を進むと始祖の森へ到着。

 

宝箱を回収しながら進んでいく。

 

【始祖の森の宝箱】

・せいじゃのはい

・レシピブック ザゾンビバスター

・げんませき

・青い宝石

・メタルのカケラ

 

 

途中まで来るとキャンプ地で休憩をしていくことに。

 

勇者とカミュだけ衣装がカッコイイ!

勇者の装備は「ユグノアのよろい」と「ユグノアのかぶと」

カミュの装備は「大盗賊のマント」と「大盗賊のターバン」

 

 

いよいよ明日は命の大樹へ着くということで緊張の空気感が漂っている。

 

セーニャが子供のころからよく弾いていたというラムダに伝わる曲を聴かせてもらう。

 

セーニャが演奏中も話は続く。

 

命の大樹は世界中の命を束ねていて

誰かが息絶える時その葉は散り

誰かが生まれる時、新たな葉が芽生えることで

世界の命のバランスは成り立っている。

と。

 

ベロニカも楽器は持ってるけど弾けない。賢者セニカが残していった物なのでお守りにしてるらしい。

 

 

 

 

セーニャ「私とお姉さまはきっと芽吹く時も散る時も同じですよね?」

ベロニカ「セーニャはいつもグズだからどうかしら。 ・・・でも そうだといいわね。」

なんて会話をしている。

 

 

天空の祭壇へ

 

次の日になり先へと進む。

 

虹色の枝が見せてくれたあのオーブの捧げられている「天空の祭壇」に到着。

 

 

6つのオーブを祭壇に捧げる。

 

 

 

 

 

勇者の光の紋章が輝き出し

 

 

命の大樹へと続く「虹の橋」が現れる。

 

 

 

いよいよ次は命の大樹です!

 

 

 

【冒険記19】はここまで。また次回~。

【3DS】ドラクエ11 冒険記20 命の大樹へ

2017.11.26

今回のまとめ

達成した目標

・6つのオーブを持って始祖の森の祭壇に捧げる

現在進行中の目標

・命の大樹へ行き勇者にまつわる伝説の謎を解き明かす

・ウルノーガを倒す

訪れた町やダンジョン

・クレイモラン王国

・ゼーランダ山

・聖地ラムダ

・始祖の森

・天空の祭壇

得た大事なアイテム、装備品

・ちいさなメダル×3

得た称号

・デストロイヤー

・シルバーメダリスト

スポンサーリンク




この記事のシェアはこちら!